カテゴリ:movie( 8 )

バレエボーイズ・・・♪

f0168730_10245749.jpg




BSでの放送を偶然観ました
とても面白かったですよ

ドキュメンタリーで ちょうど子供達の年代と重なりました 
けれど 自分にも問われている気もするショートムービーです



ノルウェーでバレエダンサーを目指す3人の少年にフォーカスしています
その後の3人をネットで検索してみたら 少しだけ様子が分かりました
その姿は 映画を観ている時から なんとなく感じられた印象とリンク出来たのですが

努力すれば 夢は叶う・・・という努力
努力しても 叶わない夢がある・・・という努力には 何処に違いがあるのでしょね?^^
by xaam94 | 2015-12-25 10:47 | movie | Comments(0)

マイ・インターン・・・♪

f0168730_15131235.png


『プラダを着た悪魔』の続編かと思っていましたが 
全く違うと聞いても とにかく ロバート・デ・ニーロが最高!とあちこちで聞いて 行ってきました♪

最初から終わりまで 見どころ満載です
見る人の立場の違いによって グッときて ツボとなるシーンやセリフが様々だろうなぁ~って思います

出来過ぎで 虚像っぽく リアリティが感じられないシーンが無く 
完璧なイケメンでもなく 美人過ぎでもない 登場人物が皆 良い(笑)

何より ロバート・デ・ニーロの会話がさり気なく優しくて ユーモアがあって 品があって 余裕があって
Experience never gets old.
とあるのですが 納得です



f0168730_15264110.png


アン・ハサウェィの衣装を見ても楽しく 最も好き~って思ったのが このジャケット×パンツのコーデ


ロバート・デ・ニーロの自宅の寝室やクローゼット 
毎日寝る前に準備するのであろう仕立ての良さそうなスーツやネクタイやワイシャツ・・・

奥さんが無くなっている設定ですが きっと 毎日お手入れをきちんとする奥さんだったんでしょねー^^
習慣になっいる背景が垣間見られます


素敵な映画でした
by xaam94 | 2015-11-18 15:37 | movie | Comments(0)

『ミス・ポター』 と 夏休みの話・・・♪

f0168730_1563638.jpg


紅茶教室に通い出してから 
紅茶を飲む事が習慣となっている世界を覗いてみたいなぁ~と思って検索したのが ミス・ポター

ピーター・ラビットを生んだビアトリクス・ポターのお話で 舞台は1900年代初頭のイギリス
家族との団欒の場に お客様がいらしたとき
あらゆるシーンで 紅茶とケーキやスコーンが登場していました^^
とても興味深い 


映像や背景が綺麗なだけでなく 内容も素敵!
封建的な時代に上流階級の女性が仕事を持つなど考えられなかったイギリスで絵本を出版するという夢を追いかけ 
諦めず 実現していくポターの姿には感動せずにはいられません

「ブリジット・ジョーンズの日記」でとってもチャーミングな演技をしたレニー・ゼルヴィガ―の表情はやっぱり可愛い♪
会話の中でちょっとした皮肉を素敵に受け流す大人の会話力も笑ってしまいます^^

夏休み 海外に行ったつもりで こんな映画を鑑賞するのも 良いですね


夏休みと言えば 毎月10日前に翌月の手作りの会のお知らせをしていましたが
7・8月は夏休みを頂きます

2か月は長いようで アッという間

秋以降の手作りの会の計画を具体化し 動きます
スキルアップの為の自習もしなければっ!!(笑)
ミシンの点検や3年目を迎える手作りの会の為に準備出来ることを一つずつ クリアしていく予定です

・・・夏休みは受験生がいますので ず~っと在宅^^;
ちょくちょく更新しますので こちらを覗いて頂けますと 嬉しいです


 
by xaam94 | 2013-06-07 15:40 | movie | Comments(2)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・

f0168730_14492457.jpg


最近考えることに偏りがある気がして 予定をいくつか変更して映画を観ました
映画ってこんな風に意識して観るものではないと思うのですが まぁ いいですか?^^;


この映画は911のアメリカ同時多発テロで父親を失った少年の視点に沿ったお話です
父の死後 父親のクローゼットから見つけたひとつのカギ
このカギが何のカギなのかを知りたくて 少年はニューヨーク中を歩き回るのです
最後はうんうん(涙)・・・という結末(笑)


この映画には色々な立場の人々が登場しますが 
私はサンドラ・ブロック扮する母親目線で感動してしまいました


気づくために遠回りしたり
周囲のひと達を知ることで 子供の成長があったり

沢山の要素が詰まっていますが 全く難しすぎず とても感動的なお話です^^

 
by xaam94 | 2012-02-24 15:17 | movie | Comments(0)

リトル・ダンサー・・・


f0168730_13411754.jpg


2001年公開・・・10年前の映画ですね
TVで宣伝されていた記憶があり 月日の流れの速さに驚いてしまいます^^




舞台は1984年のイギリス北東部・炭鉱の町ダーラムです
母を亡くし 父と兄が炭鉱ストライキに参加し 認知症の祖母と暮らす少年ビリー
父からボクシングを強要されていたのですが 偶然にバレエのレッスンを目撃します
それからバレエに魅了されていくのですが 
とても可愛らしく 時には切なく 時には美しく・・・

本能のままに(?)踊るビリーのシーンは とても好きです
頬が高揚によって赤くなり 淋しげに感じる普段との違いを感じるんですよね^^

女装趣味のある親友とのやり取りも とってもピュア
あの感性は子供だからこそかな?

何気に好きなのが衣装(笑)
少女達のバレエ姿も可愛らしい・・・たとえぽっちゃりちゃんであろうとも・・・
制服姿も可愛い^^
パジャマ姿にガウンなんて 日本の子供ではないですよね?(笑)


ちょっと他の人が興味を持つ点と違うかも・・・?なんて思っています(*^_^*) 
by xaam94 | 2011-11-21 14:01 | movie | Comments(0)

ダーリンは外国人・・・♪

f0168730_1701471.jpg


昨日借りたDVDです♪(*^_^*)
可愛い映画ですねぇ~

漫画家を夢みるさおりと日本語おたくのトニーの可笑しくて 爽やかで 可愛い 愛がいっぱいのお話でした^^
さらぁ~と短編小説を読んだ感じです

最初こそお相手が外国人と言うことが強調されてますけど 結局は人と人・・・
登場人物が皆 優しくて 昨日は難しい内容はパスだったので 満足です^^:
観終わった後 すっきりしましたよ~



手縫いのクリスマスオーナメントの会 upしてます→
興味のある方 コメントお願いします(*^_^*)
by xaam94 | 2010-11-18 17:08 | movie | Comments(0)

「ジュリー&ジュリア」・・・♪


f0168730_2030662.jpg


お勧めDVDです♪(*^_^*)

あらすじ・・・

外交官である夫の転勤でパリへやってきたジュリア(メリル・ストリープ)はとても明るくて好奇心旺盛な女性
食べることが大好きなジュリアは名門料理学校のプロ養成コースに通い ついには料理本を出版するまでになります

「アメリカの料理の母」と呼ばれ アメリカ人であれば誰でも知ってる料理研究家だそうです



50年後 現代のニューヨークで冴えない毎日を過ごし 目的も無く何か物足りなさを感じていたジュリー(エイミー・アダムス)は 憧れだったジュリアの524のレシピを1年で制覇し その様子をブログに綴ることを決心するのです



50年前のジュリアと現代のジュリーが料理を通して輝き 迷い 人生を楽しむ物語(実話)です



f0168730_20484360.jpg


50年前の素敵なパリにすっかり溶け込んで 人生を謳歌するジュリアは前向きで明るくて 夫への愛情も優しくて深くて・・・
お洒落な洋服を身にまとい ハイヒールを履きながらキッチンでお料理する姿は 圧巻ですけど可愛らしいんです^^



f0168730_20535150.jpg


ジュリーは目的を見つけ 生活も上手くいき始めますが 時には失敗しつまずき 目的があるが故に悩み・・・
悩みながらも ジュリア同様に夫の愛情に支えられ ブログもいつしか大評判に・・・
夢を実現していくのです


料理のシーンと 二人の夫の愛情の深さと優しさがまたまた素敵です!!
美味しいそうに食べてくれる夫の表情・表現で 二人の女性の料理への意欲も深まります(*^_^*)
コレって大切ですよねぇ~♪(笑)


夢があって人生を楽しむ女性の力強さがすばらしく描かれた映画です
どんな夢でもいいんですよね?
子供の為でも 家族の為でも 夫の為でも 自分の為でも 他の何かの為でも

夢がある人はさらに励まされ 夢が見つかっていない人は 背中をポンと押される・・・そんな映画です(*^_^*)
お勧めです♪




f0168730_21202768.jpg


6月22日(火)~29日(火) 「イロトリドリ ルームシューズ展」→
by xaam94 | 2010-06-20 21:19 | movie | Comments(0)

告白・・・♪


f0168730_1327560.jpg


映画化される事は知っていました
帯に松たか子さんの写真がありましたから

犯人が最初に明かされる展開だったので あまり期待せずに読み始めました
どんな展開になるにせよ 犯人が分かっている以上 ハラハラドキドキはしないでしょう・・・?

読み終わった後の感想は 「う~ん・・・よく分かんない・・・」
事件に関係する人物が それぞれの立場で 過去の事件を告白していくのですが
どんな理由があるにしても 殺人に結びつく理由・根拠が理解出来ませんでした

釈然としないまま 映画化を決めた監督さんのインタビューも掲載されていて そのまま読み進めました
監督さんも「最初 分からなかった」と話しています
告白と言えども うその告白もあると・・・

「えーーーっ!!」@@
うそもあるなら 頭がぐちゃぐちゃになって当然じゃない?^^:
読解力の無い私はかなり 苦しみました



f0168730_1337793.jpg


今日 仕事が久しぶりにお休みだったので 「告白」 観てきました
本当は 心情的には分かり易いコメディが良かったんですけど 今・・・ 無いですね(笑)

これから ご覧になる方もいらっしゃると思いますので 詳細は控えますが 凄いです
何がって・・・
松 たか子さん・・・と
思春期の子供・・・と
親子関係・・・と   
・・・色々です

思春期の子供と書きましたが 子供じゃないですね
でも 大人でもありません
舞台は 中学1年の終わりから2年の中学校です

もう一応大人になってしまい 2人の男の子の母親になってしまっている私は 二人の気持ちをこれからどれだけ知っていけるのか・・・ 
時には理解出来なくても そばにいてあげられるのか・・・

2度程 涙が出てきちゃいました 

ハリウッドからリメイクオファーが沢山来ているようです
世界共通の課題なのかな・・・と
こんな辛い課題に需要があるのは 悲しいですね

R-15に指定されていますが この映画を子供が観るには ただ単に映像的に残虐なシーンがあるという理由だけじゃない気がします
気持ちを整理するの 結構大変です^^:


テーマは「命」です



さて・・・

刺繍教室のお知らせです
6月29日(火) がま口作りの会を行います 
詳細とお申込はコチラです →

編み物の会の詳細はコチラです →


エコアンダリヤのミニバックへの ご応募は11日までに決めました

コメントを下さった方々 本当にありがとうございます!
ちょっとだけ待っていて下さいね♪(*^_^*)
by xaam94 | 2010-06-09 14:00 | movie | Comments(0)